「克己」 2月号

令和3年2月発行

☆★☆1~2月の学習から☆★☆

新入生入学説明会

1月21日(木)に、令和3年度入学生を対象にした新入生入学説明会を開催しました。
 子供たちは、学校生活や入学準備などについての説明の後、社会科の体験授業に参加しました。様々な映像を使った授業に、新入生36名は目を輝かせて参加し、鈴木健斗教諭からの質問に元気な声で意見や考えを述べていました。

1年天城学習「防災講話」

1月25日(月)の1年防災学習では、防災講話として、山崎ふみこ様から狩野川台風被災時のお話を伺いました。
 大雨・土砂崩れ・洪水の恐ろしさ等をお話しいただきました。狩野川台風を実際に経験された方からの具体的なお話によって、生徒は災害を防ぐためにはどうしたらいいのか、災害への備えは大丈夫か、避難や救助はどうすればいいのか等、防災について真剣に考えることができました。

今号の掲載内容

  • 2年天城学習「地域学習」
  • 家庭教育学級(ペップトーク)
  • 合 唱 練 習
  • 体罰調査についてのお願い
  • 今後の主な予定

【「克己」 2月号(PDF版)ダウンロード】


「克己」 1月号

令和3年1月発行

有終の美と新たなステージへの準備

新しい年、令和3年がスタートしました。
 皆さんあけましておめでとうございます。皆さんの元気な姿、元気な声が学校に戻ってきて大変うれしく思います。11日間という短い冬休みでしたが、どんな風に過ごしたでしょうか。コロナ禍ため不要不急の外出も控えて家で過ごす日々だったのではないでしょうか。
 新年にあたり、皆さんはどんな誓いや目標を立てたでしょうか。3学期はとても短く、よく「1月は行く月、2月は逃げる月、3月は去る月」と言われるように、あっという間に過ぎていきます。しっかりと学年最後を有終の美で飾るとともに、新たな気持ちで誓いや目標の実現に向けて頑張ってほしいと思います。

今号の掲載内容

  • 「セクハラ」って何だろう?
  • 学校評価アンケートから

【「克己」 1月号(PDF版)ダウンロード】


「克己」 12月号

令和2年12月発行

地域交流 12月4日(金)

12月4日(金)、地域交流が行われました。地域の方々を講師に招き、様々な講座に分かれて物づくりを教えていただくもので、20年ほど続けられている行事です。ふるさと天城の自然や食材、地域の方の技能を学ぶ「天城学習」の一環です。
当日は、希望された保護者の皆様にも参加していただき、どの講座も楽しく行われました。・・・・

講師の皆様、ご指導ありがとうございました。

今号の掲載内容

  • 赤十字救急法講習
  • 五輪自転車トレーニング公開
  • 1月の予定

【「克己」 12月号(PDF版)ダウンロード】


「克己」 11月号

令和2年11月発行

天城学習 ~ふるさと天城を知る・体験する・考える~

天城学習は、3年間の学習の中でふるさとを様々な視点で捉え直し、伊豆の魅力や今後の課題を考え、天城に住む一員として地域に提言していく学習です。10月26~28日の天城学習では、職場体験先の事業所として、また地域学習の講師として、多くの地域の方にご指導いただき、ありがとうございました。今回は、各学年の学習を通して学んだことを、生徒のレポートから紹介します。

1年 天城自然体験学習

2年 職場体験学習

3年 地域学習

今号の掲載内容

  • 新人戦大健闘!!
  • 12月の予定

【「克己」 11月号(PDF版)ダウンロード】


「克己」 10月号

令和2年10月発行

幸せに生きることを求めて

皆さんは、幸せを感じるのはどんな時だと思いますか。
私は、自分が関わったことで周りの人が幸せを感じてくれたとき、その時こそ、本当の幸せを感じることができるのではないかと思います。
だから、幸せは自分1人の世界には決してやってこないと思います。家族、友人、仲間たち、人と人との関わりの中でこそ、幸せはやってくるのです。幸せは、決して向こうからはやって来ません。自分の足で一歩ずつ、険しい道を登ってこそ近づいていけるものです。もし、今、あなたが、苦しみのなかでもがき、自分は幸せから遠ざかっているのではないか、そう感じているのなら、それは幸せの前兆のはずです。自らの歩みをとめずに前に進んでいけば、きっと幸せはやってきます。

今号の掲載内容

  • 葵流祭(文化の部・体育の部) 鑑賞・応援、ありがとうございました

【「克己」 10月号(PDF版)ダウンロード】


「克己」 9月号

令和2年9月発行

根性(ガッツ)!!~燃やせ 天中魂~

今年度も、葵流祭の季節になりました。今年度は、赤組(3A・2A・1A)と青組(3B・2B・1B)の2色対抗で優勝を争います。くじ引きで縦割りの組決めをしたところ、偶然にも『A組対B組』のチーム分けになりました。
9月4日に、生徒会執行部が葵流祭決起集会を開きました。スローガンは町田美來さんの「根性(ガツツ)!!~燃やせ 天中魂~」、シンボルマークは内田空さんの右の作品に決定し、表彰されました。
9月に入り、学年合唱や縦割り合唱の練習を始めました。朝や放課後にきれいな歌声が聞こえてくるようになりました。マスクをつけながらの練習ですが、どの子もしっかり歌えるように頑張って曲を覚えようと努力しています。・・・・

今号の掲載内容

  • 葵流祭 体育の部・文化の部について
  • 10月の予定

【「克己」 9月号(PDF版)ダウンロード】


「克己」 8月号

令和2年8月発行

3C+2E 挑戦する努力を楽しむ!! 継続する努力を楽しむ!! 創造する努力を楽しむ!!

梅雨が明けてから、猛暑の日が続き、コロナと共に全国的にも熱中症が心配されましたが、16日間の夏休みはどうでしたか?受験勉強に力を注いだ人、部活動を頑張った人、家の手伝いを頑張った人など、短いながらもいろいろな夏休みを過ごしたことと思います。

2学期の登校日数は、長丁場の86日間です。葵流祭(体育の部・文化の部)や修学旅行、地域交流、天城学習とたくさんの行事もあります。しかし、コロナの影響で例年とは違った新しい企画の中で行う行事となると思います。この86日を充実したものにするかどうかは皆さん自身の力にかかっています。ぜひ、「2学期はこのことに力を入れよう」という目標を持って、良いスタートを切って欲しいと思います。

今号の掲載内容

  • 2学期の抱負
  • 9月の予定

【「克己」 8月号(PDF版)ダウンロード】


「克己」 7月号

令和2年7月発行

田方フレンドリーマッチ 7月23~25日

今年度は、新型コロナウイルス感染防止のため、中体連夏季大会(県~全国大会)が中止になりました。この夏に懸けてきた3年生にとっては、とても残念で悔しいことと思います。田方地区では、3年生のために代替大会として「フレンドリーマッチ」を開催します。週末ごとに大雨が降り続いたので、練習試合はもちろん、校内練習も満足にできない日々が続き、歯がゆい思いをしている生徒もいると思います。その中で生徒たちは、精一杯の力を出そうと汗でびしょ濡れになりながら練習を積み重ねてきました。また、芸術部も夏の吹奏楽コンクールが中止になりましたが、代わりに田方地区で演奏会を行います。各部、一生懸命のかっこいい姿を期待しています。

今号の掲載内容

  • 7月に行われた天城学習や講座
  • 8・9月の予定

【「克己」 7月号(PDF版)ダウンロード】


「克己」 6月号

令和2年6月発行

学校再開!部活動も開始!!

臨時休業が続いていましたが、5月25日(月)から学校が再開し、校舎・校庭に生徒の元気な声と明るい笑顔に満ちあふれました。部活動も6月4日(木)から開始になり、各部で熱心に練習する姿が見られました。・・・・

公立高校説明会

6月8日(月)に、3年生と保護者を対象に公立高校説明会を行いました。
今年度は、夏休みに行われる予定だった公立高の一日体験入学が中止になり、秋に説明会が行われることになりました。したがって、3年生にとってはこの説明会が高校の先生方から直接学校の特色を聞くことのできるよい機会となりました。・・・・

今号の掲載内容

  • 新任教職員の紹介
  • 7月の予定

【「克己」 6月号(PDF版)ダウンロード】


「克己」 5月号

令和2年5月発行

学校が再開します

先日、学校連絡メールでお知らせしたとおり、本校は5月25日(月)から学校を再開します。また、給食も25日から始まります。今後も、日課や行事の変更が行われる場合があります。その際は、学校連絡メールでお知らせします。(6月の行事予定は、後日配布される月行事予定でご確認ください。)

学校再開の準備を進めています

5月13、14日の2日間、学校を再開して生徒の皆さんを迎えるために、理科室の備品整理、校舎周辺の草刈りを行いました。広い敷地なので、まだまだ刈り残しがありますが、少しでも気持ちのよい環境にするために汗を流しました。・・・・

今号の掲載内容

  • 登校日の様子
  • 職員紹介

【「克己」 5月号(PDF版)ダウンロード】


「克己」 4月号

令和2年4月発行

新型コロナウイルスの影響で、中途半端な状況で3学期を終えるかたちとなり、そのまま春休みに入り、部活動もできず、ましては外出も控えなくてはならない辛い日々を送ってきたと思います。そして、今日から新学期がスタートしますが、新型コロナウイルスが収束したわけではないので、心配される事もあり、気持ちを切り替えていくのは時間がかかり大変なことだとは思います。コロナウイルス感染症対策を行いながら、これから始まる学校生活を「友だち、先生方、家族と力を合わせて」それぞれの目標に向かって、目の前の一つひとつを、一歩一歩を大切にして頑張っていきましょう。
ウイルスは、本当に怖いものです。テレビのニュースで、若者が軽く考えている場面の報道を見たと思います。皆さんは、大丈夫だと思いますが、決して安易に考えることなく万全の対策を行なっていきましょう。コロナウイルスになんて負けない、天城中生の頑張りを期待しています。

【「克己」 4月号(PDF版)ダウンロード】