学校だより

「克己」 1月号

令和6年1月発行

「未来は、みんなでつくるもの」

新たな年の幕があがったと思った矢先、1月1日の夕刻に発生した「令和6年能登半島地震」は、大きな衝撃でした。お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災された方々に心よりお見舞いを申し上げます。 最大震度7の揺れを観測し、建物の倒壊や津波の被害、それに地盤の隆起も確認されており、発生して3週間が経ちますが、全容の把握もまだままならない状況なのだと感じます。それでも被災者たちが、規律を守り、少しでも日常を取り戻そうと前を向いている姿には、感銘を受けます。  今回の地震は、改めて地震が、いつ・どこで起きるか、正確には分からないことや、「もっと備えをしておくべきだった」という声が数多く聞かれているようです。今回の地震を”自分ごと”としてとらえ、学校でも備えを今一度、確認することが必要だと感じました。

3年生・・面接練習! 頑張れ・・受験生!

今号の掲載内容

  • 起震車体験・月ヶ瀬体育館への避難

【「克己」 1月号(PDF版)ダウンロード】

<hr...

学校だよりの最新号をみる